FC2ブログ

プロフィール

茶ぐれ男

Author:茶ぐれ男
和歌山の磯をホームグランドに、せっせと餌を撒いて養殖しているが、なかなか収獲できず・・・。
ときどきは、四国(愛媛・高知)方面にも養殖場を拡大しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強風・・・でも、行くのです!

いやぁ~ 予報どおり ・・・ 今日もよく吹きましたなぁ
今週もヤス君と 『見老津』 へ出撃してまいりました 現地で、タカ君と、コウ君と合流なんです そして、またまた 弁天丸さん、いつもお世話になります
きょうは天気があまり良くありません オイラ達は受けていただきましたが、何組かはお断りされたみたいですわ まぁ、上がれる磯は限られますものねぇ

190216 (1)

オイラ達4人は、『牛の首』に上げてもらいました ・・・ が、ハンパ無い風ですね ヘタレのオイラは、本命ポイントの表磯に行く勇気が持てず、少しでも追い風になる、船付きの裏側で竿を出す事に 他の3人は、風とケンカをしに表に向かいました

      190216 (4)

こっち向きでも風が回り込んできて、道糸が風で引っ張られ遠投は厳しいですわ
足元のシモリ際には、グレの気配が無いなぁ

190216 (6) ウキが消し込み、コイツばっかりや

表の様子を見に行くと、風とケンカしながらも、皆さん頑張って釣ってらっしゃいます が、オイラはやっぱ無理や ・・・ ならば、湾奥で竿下の尾長を狙おう ってことで、探っていると ・・・ ズキューン バキューン この仕掛けでは太刀打ち出来ない奴ばかり ウキごと持ってかれるので、太仕掛けに交換やぁ が、アタリが出なくなったしぃ

190216 (5) この通り グレは釣れませんでした 
またまたやらかしちゃいました ホンマ・・・グレの引き、忘れてしまうわ  下手糞ですねぇ 誰か、釣り方教せ~てよぉ~



続きを読む »

スポンサーサイト

連休釣行(見老津)

最近・・・ろくすっぽ “グレ” を釣っていないでぇ~
そろそろシーズンも終盤に向かいますが、ここいら辺で納得のいくような釣りをしてみたいものですな

昨晩は串本で 車中泊   朝起きられるの ってくらい飲んだが、早く寝たので寝起きもスッキリやわ

っで、やっぱり来てしまいました・・・見老津  『弁天丸』さん
朝から女将さんと話し込んでいると、船頭さんから連絡が・・・「早く来んかい もう、船出るぞ」 ・・・「スンマセン すぐ行きます」 ・・・慌てて港に向かい、乗船

今日はタカ君も来られまして、ヤス君と3人で 『西の一の島』 に上げてもらいました

190210 nishinoichinoshima (2)

降りる際に、船頭さんから、「きっと風が出てくるから、何時までできるかな チョッと荒れてきたら、迎えに来るで」 って言われました が、言うても“西一”それまでに、何とか・・・って思ってたんですけどね

ジャンケンに勝ってしまい、沖向きに釣り開始
が、ココでも“コッパ尾長”が次々と掛かってきます この時季ってこんなにコッパが喰ってきましたっけ 少ないアタリを掛け合わせると、良型のグレってな感じじゃなかったっけ、ほんでエサ取りもこんなにいましたっけ         何だかなぁ・・・

190210 nishinoichinoshima (3)

190210 nishinoichinoshima (1)

タカ君もヤス君も手を焼いているようすじゃね オイラはというと、「チョッと邪魔するでぇ」って言って、あっち向きこっち向きに探りを入れに動き回ってます
地方向きにエエ感じの潮目ができて、これまたエエ感じに下り潮がいってる時に、アタリが出ましてチョッとマシな(って言っても小さいですが)お土産用の尾長をキープをしたのです

190210 nishinoichinoshima (8)

そして、段々と風も強くなってきて、頭からシャワーをかぶりだしましたわ・・・強風にもめげず頑張っていたのですが・・・向かいの「二の島」に乗せていた渡船屋さんの船頭さんが、「弁天丸のお客さん、風向きが変わってきたからもう無理やね・・・今、船頭さんに迎えに来るように連絡入れたから、片付けて待っときな」って言うもんやから、慌てて撤収の準備をして、お迎えを待っていたのでした
この時、1時過ぎやったかな またまた撤収~   
なんだかなぁ~




連休釣行(出雲)

今週は連休ッスねぇ やっぱり行くわなぁ
今回も、ヤス君に段取りいただき、串本「出雲」に向かいました
いつものように、『谷口渡船』さんにお世話になります

港に着くと、駐車場所が無いくらい大勢の人ですわ 大会があるみたいです
オイラ達は2番船で、押さえていただいていた 『金床』 に上げていただきます

190209 kanatoko (18)

沖向きに釣り座をとり、釣り開始 いい感じに潮が下ってまして、1投目からコッパがウキを引き込むのです が、コッパばっかりやぁ あちこち探ってみますが、段々とウキも入らなくなってきたしぃ そして流れも変わって上り潮になってますぅ エサも取られないので、ウキ下をどんどん下げますが・・・

そして、 ぴゃぁ~ 降ってきたしぃ

サンコも喰わんぞ 雨で風邪ひきそうなくらい寒いし、アタリもほぼ無い時間だけが過ぎていく・・・磯際にドカスカ捲き餌して、ゲテモンのアタリでも・・・と思うが、反応ナシ

190209 kanatoko (29)

沈めて沈めて、待ちに待って、張って張って・・・コツンってアタリで何とか1枚ゲット

その後は、土砂降りの中で震えながら、ひたすら打ち返し、時間の経つのを待っておりました

190209 kanatoko (22)

エエ所に上げてもらってるんですがねぇ・・・

この後、冷え切った体を暖めに『サンゴの湯』へ直行でした
そして、夜は二人で宴会で~す





沖の大島で・・・しかも、撤収!

今週は、タカ君・コウ君に『紀伊有田』に連れてってもらったのです

190202 (12)

先日のこと・・・タカ君のところに船頭さんから連絡があったそうな  「“沖の大島”空けてるから、来ませんか?」ってことで、ご一緒させていただきました  『美紀丸渡船』さんですぅ

『沖の大島』って、人気磯でなかなか上げてもらえませんよねぇ ましてや一間さんともなると、絶対に無理でしょ もちろんオイラも初めてですわ 本日のお客さんは8名です、期待に胸ふくらませて乗船やぁ

190202 (1)

港を出たくらいは、穏やかだったのですが、さすがに沖に来ますと結構な波風ですわ
でもこれから潮も引いてくるので大丈夫でしょう

沖向きの一番本命のポイントに入れていただき釣り開始
あざ~す&すんません、釣れたら交代しますね
って事で、始めたのですが・・・何やらエサ取りが・・・それはすぐに判明しました “キタマクラ”っすわ 3~4ヒロくらいにはビッシリいるみたく、連続で掛かっては針を持って行きますわ
エエ感じに流れてはいるのですが、沖まで流しても強風に引っ張られ潮筋から離れます
って言うか、そんなに流し込まんでももっと手前で喰うやろ・・・普通は

190202 (4)

裏の船着き側でも、ウキが入ると針がありません
そうこうしているうちにも時間だけが過ぎていき、潮が上げてくるとうねりも出てきた 風もどんどん強くなってきているみたい 磯に当たった波が飛沫になって頭上から降ってきます

1時を過ぎた頃、船頭さんから電話が・・・
「もうアカンやろ」・・・という事で、迎えに来てくれました
ぴゃぁ~ ひさびさの撤収ですわ
めぼしい他の磯は、誰かが乗ってますね やはりそのまま港に戻って参りました

結局、グレは木っ端が2枚、イガミが2枚、ベラが3枚、ボラが1枚・・・キタマクラがいっぱい  またまた、やってしまいました





おいしい外道やけど・・・

今週は、串本まで行ってきたのでした 久しぶりやなぁ
『出雲』『谷口渡船』さんにお世話になってまいりました
さすが寒グレシーズン真っ只中です 多くの釣り人でいっぱいですわ オイラ達は3番船での出航です・・・が、ココは磯を予約できるのですよね 押さえてくれていたのが、『武八』です

190126 izumo buhachi (9)

前にも一度上げていただいたことがあるんですが、そん時はどうだったっけ え~っと、釣れたんだったっけかナ
確か・・・
何だか足場が高くって、沖向きは滑って足場が悪かったような記憶があったのですが、実際上がってみると・・・全然そんなことないやんか
まぁ、高いっちゃ高いんやけど、潮が引くと下にも降りられますし、思ってたほどでもなかったな
そして、武八にあがったのが7時でしたね 今回もヤス君タカ君コウ君と、ご一緒させていただきまして、4人で釣り座を交代して釣りすることに

190126 izumo buhachi (3)

まずは、沖向きのポイントに入れていただき釣り開始 程なくして左に流れる潮に仕掛けを入れ、ゆっくりと沈めていくと・・・コツンバチバチ って感じで、イサギが喰ってきて2枚釣れたのですが、その後、潮が逆に変わってコッパが喰ってくるように そしてアタリも無くなっちゃいました

最初の場所交代、船着き側に移動です ここではあんまり潮が動きませんでしたが、磯際でハゲをキープ
そして、またポイント移動です

190126 izumo buhachi (5)

次は串本大島向きに釣る場所ですが、ここでは潮は右向きに早いです いいのかな って思いますが、差しエサが残ってくるので、ウキ下をドンドン深くしていくと、4.5ヒロくらいでアタリが連発してきます・・・が、グレではありません 時折、仕掛けをぶち切っていくゲテモノも ウキも流しちゃいましたが、一番良くアタッタなぁ ここでもハゲ追加して、最後の場所換えです

が、何事も無く時間だけが過ぎていきます 沖に向かってドンドン潮が取る時間帯もあり、相当流し込んでもみたのですが・・・
タイムオーバーです

190126 izumo buhachi (10)

美味しいお土産は出来たのですが、グレがなぁ~
釣れませんねぇ ・・・・が、しかし・・・・ 肝醤油でいただいた、“ハゲ”も、脂がギトギトにのった“イサギ”もメチャメチャ美味しかったわ





| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。